• 肌トラブルが発生しやすい敏感肌におすすめの石鹸

    敏感肌におすすめの石鹸は、刺激を与えるような成分が含まれていない物です。

    敏感肌の石鹸のおすすめの情報をお届けします。

    刺激に弱い肌はバリア機能が低下している状態なので、肌に合わない物を使用すると赤くなってかゆみや痛みが発生して、肌荒れがますます酷くなる可能性があります。

    では、肌に刺激を与える成分には、どのような種類があるのでしょうか。


    石油系界面活性剤や香料、防腐剤で使用される化学合成成分は、弱っている肌には刺激が強い成分です。
    このような成分は比較的安価で製造できるため買いやすい価格になっていますが、価格よりも洗浄成分にこだわっていて、余計な物を加えていない石鹸が敏感肌におすすめです。



    肌は弱酸性ですから、大抵の洗顔料は弱アルカリ性の洗浄成分で汚れを落としています。洗浄力が優れているので、洗顔後に肌がつっぱることがありますが、肌が健康であれば皮脂が肌を保護して弱酸性に戻していきます。



    ですから、敏感肌が本来の機能を取り戻すために使うなら、弱アルカリ性の石鹸がおすすめです。


    しかし、刺激が強すぎて使用できないのは意味がないので、皮脂が少なくて乾燥しやすい人には洗浄力の強いタイプは向いていません。

    肌が自力で回復できないような時は、アミノ酸系洗浄成分を使用している物を使ってみましょう。

    アミノ酸系洗浄成分は肌と同じ弱酸性で、洗浄力がマイルドなので敏感肌におすすめの石鹸です。
    保湿成分を配合している種類もあり、洗顔後のツッパリ感を抑えながら埃や古い角質などの汚れを洗い流していくので、弱アルカリ性だと刺激が強すぎて使えない人に最適です。